外壁塗装で100年以上持つ住宅に仕上げよう

雨漏りの修理

雨漏り修理にかかる費用

雨漏り修理費用は、どこで雨漏りが発生しているかによって、大きく異なってきます。たとえば排水口にゴミなどが詰まって、そこに水が溜まることで他の部分にその水がしみ込んでしまっている場合には、詰まったゴミを除去するだけで改善させることが可能です。この場合の雨漏り修理費は、業者に依頼しても数千円から数万円程度ですし、業者に依頼せずに自分でおこなうことも可能です。 外壁が歪んで隙間ができていて、そこから雨水が入っている場合には、隙間を埋めるコーキングという雨漏り修理をおこなうことになります。隙間の大きさにもよりますが、これも業者には数万円程度でおこなってもらえます。 最も費用がかかるのが、屋根の防水シートが劣化していて、これを交換しなければならない場合です。この場合は、屋根自体のリフォームとなるので、100万円ほどの費用がかかります。

屋根のリフォームをした場合の具体的な費用

屋根は、コンパネという下地の上に防水シート、そしてその上に屋根材があるという構造になっています。 防水シートが劣化している場合には、その下のコンパネも濡れて水がしみ込みやすい状態になっています。そのため防水シート自体はもちろん、コンパネも交換することになります。コンパネの交換の平米単価は2千円ほどで、防水シートの平米単価は600円ほどです。そしてその上に新しい屋根材を設置するのですが、この平米単価は5千円前後です。その他にも、足場費用や養生費用など色々な費用がかかってきます。 このように、雨漏り修理を屋根のリフォームという形でおこなうと、多くの費用がかかるのです。防水シートの劣化による雨漏り防ぐためには、塗装やヒビ割れ部分の修復など、屋根材のメンテナンスをおこなっておくことが大事です。屋根材に問題がなければ、その下にある防水シートやコンパネは守られるのです。